所得税とは

所得税

所得税とは、日本の場合には日本国民が働いて得たお金や様々なビジネスなどによって得たお金に対して、その金額に応じて定められた割合で納めることが必要な税金のことです。
一般的には1年間の収入に応じた金額を納付しなければならないものとなっており、その内容に応じていろいろなものに分かれるため、これをしっかりと意識した上で金額を計算し納付することが必要となります。

働いた収入に対するもの

所得税の中でも最も一般的と考えられるのが、働いた収入に対するものです。
サラリーマンの場合には会社によってその金額が毎月計算され、毎月の給与から天引きされることになります。
これは社内で決めた割合に従って会社で計算し納付しているものであり、これに対して余剰金が生じた場合には12月に納め過ぎた分が返還される仕組みになっています。
サラリーマン以外の場合には、自分自身で所得税を計算し申告を行うことになりますが、これは前年1年分のすべての収入に対して自分自身でその税額を計算し、3月20日までにその申告を行うことが義務付けられており、これを確定申告といいます。

確定申告とは

確定申告の場合には様々な経費が発生した場合その情報を一緒に提示することで、その分の税金が免除される仕組みとなっていることから、これを効果的に利用していると言う人も少なくありません。
また確定申告を行うことで様々な税金の確認を行うこともできるので、最近では自分で事業を行っていると言う人だけではなく、サラリーマンの中にもこの確定申告を行うと言う人が増えています。
確定申告では会社側に届けていない様々な経費等を生産することが可能となっており、健康保険や住宅ローンなど会社側に届け出を行っていないものや、会社側では処理できない様々な経費を含めて申告を行うことができる仕組みとなっているのが特徴です。
特に住宅ローンの減税制度は非常にその割合が大きいため、忘れずに申告することが大切です。

働いて得た収入以外の部分についても申告を行う必要がある

所得税の中で注意をしなければならないのは、働いて得た収入以外の部分についても申告を行いこれに対する金額を納付しなければならないことです。
最近では働き方改革の影響もあり、多くの会社で副業を認めている会社も多くなっています。
副業の種類も豊富になり、特にインターネットを利用して簡単に収入を得ることができる場合が多くなっていますが、このような形で得た収入に対しても申告を行い納税をしなければなりません。
またインターネットを利用して得た収入等の場合には一般的な就労所得とは異なり、雑所得と扱われるためこれらの部分ではその税金の計算が異なることにも注意が必要です。
一般的に勤労所得に対する所得税はその税率が低く設定されていますか、雑所得は比較的高額に設定されているため、この点にも注意をしなければなりません。
これを誤って申告を行うと過少申告とは使われてしまい、最悪の場合には追徴課税等の請求を受けることになるため、注意をすることが大切です。

まとめ

所得税にはその他にも様々な仕組みがあり、自分自身で申告を行う場合にはこの仕組みを確実に理解した上で行うことが重要です。
特に自分自身で事業を行っている場合には、個人事業主の登録を行うことで様々な経費が免除されたり、また青色申告と言われる方法を利用すると一定額まで免除となるなど、様々な仕組みが備えられています。
サラリーマンであっても実際には申告を行わないために納税額が大きくなっていると言うことも多いため、必要に応じて確定申告をして適正な金額を納付することが重要です。
必要に応じて専門家に相談し、経費処理を確実に行いながらスムーズに期日までに納税を行うことが重要な事となっているため、これを怠らないようにすることが大切です。

タイトルとURLをコピーしました