相続税の基礎知識

相続税

相続税とは、財産を持つ人が亡くなった際にはその財産を子や配偶者等の親族に法律に定められた手順に従って引き継ぐことになっていますが、この際にこれらの財産を受け取った人に対して課税される税金のことです。
基本的にはすべての財産に対して課税される仕組みとなっており、金銭のほか不動産等の資産、その他資産と認められるものに対して全てその金額に換算して課税される仕組みとなっていることから、この点に注意をしなければなりません。

ゴルフ会員権や家庭用動産なども対象になる

相続税の対象にならないと誤って判断されやすいものの中には、ゴルフ会員権や家庭用動産などがあります。
これらは一般的には消耗品と扱われてしまうことも多いのですが、その種類によっては相続税の対象となることも多いため、注意をしないとトラブルの原因となります。
また財産を持っている人が亡くなったことにより発生する死亡保険金や死亡退職金なども、その遺族が受け取ることになるため相続税の対象となる点に注意が必要です。
しかしこれらには例外があることも意識しておくことが必要で、例えば死亡保険金や死亡退職金の場合、すべての税額には500万円までの非課税限度額が設定されています。
これは相続人一人当たりの金額であるため、例えば3人でこれらの金額を受け取ると言う場合には、1,500万円までは非課税となる計算となっているのです。

本人が残した遺産を相続する場合

さらに本人が残した遺産を相続する場合、その総額に対して3千万円までは基礎控除額となるため、相続税は発生しません。
またこれは相続を行う人数に対して変動する金額でもあり、いわゆる法定相続人の数に応じて600万円が加えられることになります。
ただし法定相続人は法律で定められた財産を相続する権利を持つ親族であることから、すべての親族が対象とならない可能性があることにも注意が必要です。
相続税は本人が亡くなったことを知ってから10ヶ月以内に納付をしなければならず、これを怠ると納税義務違反となってしまうため十分に注意をしなければなりません。

税務署から追徴課税を受けることもあるので注意

またこの計算を誤って申告を行った場合、様々なトラブルが発生することも予測されるので、十分に注意をすることが必要です。
最近では自分で様々な金額を計算し、その申告を行うと言う人も多いものですが、万が一計算に誤りがありその金額が低くなってしまった場合には、税務署から追徴課税を受けることもあるので注意をしなければなりません。
正確に計算をし申告をしなければならないので、専門家に依頼した方が良いものとなっています。
この金額の計算方法は国税庁のホームページに掲載されており、これを参考に試算を行うことが可能です。

納付を行う期日は実際に相続をすることが決定してから10ヵ月以内

この際には様々な控除対象となる項目も記載されており、例えば本人が持っている債務は資産から差し引かれるものとなるほか、葬式の費用なども控除対象となります。
この点は誤りやすいポイントでもあるので、十分に注意をすることが必要です。
納付を行う期日は実際に相続をすることが決定してから10ヵ月以内と定められており、これを過ぎると加算じいや延滞税が発生することになるため注意をしなければなりません。
また申告を行う税務署の管轄は相続をする人が居住する地域ではなく、亡くなった人が居住していた地域の税務署であることにも注意が必要です。
納税額が高額で一括で支払うことができない場合や、不動産等の資産が多く現金で支払うことが難しい場合などは、納付期日内に税務署に相談をすることができます。

まとめ

相談をした上で可能な支払い方法に関する申請書を提出し、許可を受けることで分割納付や物納などが認められる場合もあるため、期日までの支払いが困難な場合には積極的に相談をするのが良い方法となっています。

タイトルとURLをコピーしました